iDeal 大学受験コーチングノート

東大レベル講師陣&東大卒プロコーチによる大学受験個別指導塾アイディールiDeal―塾代表による受験情報&学習ノウハウに関するブログ
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
明治大学文系学部一般入試科目別データ
JUGEMテーマ:勉強
JUGEMテーマ:教育
JUGEMテーマ:大学受験
JUGEMテーマ:学問・学校


明治大学も特に文系学部は全7学部にもわたり、学内併願を検討する受験者が多くなってきました。全学部入試でも学内併願は可能ですが、今回は一般入試の学部別科目配点と出題傾向をまとめた一覧表を作成し、PDF形式でUPしました。
明治大学文系学部入試配点傾向


学部によって科目ごとの配点や出題傾向が異なるので、出願を迷っている場合や、戦略的な出願を検討している場合は参考資料として活用してください。

ちなみに政治経済学部の世界史論述は字数が多い本格的論述なので要対策です。

あと農学部の食糧環境政策学科も文系科目で受験可能です。配点は100点×3科目=合計300点。
入試情報 | 20:13 | - | - | - | - |
全学部統一日程入試2015
JUGEMテーマ:教育
JUGEMテーマ:大学受験
JUGEMテーマ:勉強


そろそろ2015年度の入試配点や日程がそろってきました。
 
今回は、私大の全学部統一日程入試について書きます。
 
昨年2014年度は日大のN方式(2/1実施)が新参入。また法政のT方式(2/5実施)が複数学部併願可能となりました。 

今年2015年度は成城大学がS方式(2/2実施)として全学部統一入試に参入。しかも英語と国語の2科目統一でマーク式(成城の個別入試は伝統的に記述式中心)。また上智大学では「TEAP利用型全学部統一入試」(2/3実施)を導入。TEAP(アカデミック英語能力試験)の基準点を取得していれば、当日英語以外の科目のみで受験できる仕組みです。 
 
ちなみに明治大学の全学部統一入試は、昨年度、同日の法政全学入試に受験生が流れたようで、受験者数も競争率も下がりました(過去三年間の競争率の推移:7.3倍→6.1倍→5.0倍)。このように、他大学の全学部入試の日程や利便性との兼ね合いで、受験者の流動があるので要注意です。 
 
リンク
上記はiDealのHP「入試資料ページ」に掲載されているものです。
 
入試情報 | 15:53 | - | - | - | - |
国公立大医学部入試配点表2015
JUGEMテーマ:大学受験
JUGEMテーマ:勉強
JUGEMテーマ:教育

毎年恒例の国公立大医学部(医学科)入試配点表2015年度版をiDealのHPに掲載しました。

今年気になるのは、千葉大学医でセンター:2次の比率が450点:1000点(=69%)に上がったことです。センターがあまりよくなくても2次で挽回を狙うケースが増えてきそうです。

ちなみに2次配点の比率が高いところは、

京都大学医前期(英数国理2面=81%)
東京大学医前期(英数国理2=80%)
東京医歯大前期(英数理2=67%)
大阪大学医後期(論文+面接=100%)
岐阜大学医後期(英数理2=75%)
奈良県医大後期(英数理2=75%)

逆に2次配点が低い(=センター試験の比率が高い)ところは、

旭川医科大前期(英数面=39%)
佐賀大学医前期(英数理2面他=39%)
山形大学医後期(面=10%)
名古屋大学医後期(面=0%)
鳥取大学医後期(面=18%)
広島大学医後期(面=10%)
熊本大学医後期(論=18%)


などです。






 
入試情報 | 14:52 | - | - | - | - |
2015年度私大新設学部&入試方式(続き)
JUGEMテーマ:大学受験
JUGEMテーマ:教育
JUGEMテーマ:学問・学校


5月7日の当ブログにて2015年度私大入試変更点について書きましたが、あらためて追加情報を含めて記しておきます。

1.成城大学全学部統一入試(=S方式)(2月2日試験)
成城大学もやっとという印象ですが、一番のポイントはマーク式試験だということ。成城は伝統的に記述の多い入試問題でしたが、記述が得意でない人でもS方式なら狙いやすいという人も少なくないでしょう。また学部によって配点が異なるので要チェック。尚、他学部との併願可能。

2.青山学院大学地球社会共生学部(新設)
相模原キャンパスにできる新設学部。名称から理系っぽさもうかがえますが、どちらかというと文系学部のようです。受験科目は全学部と一般個別A方式は英語・国語(現代文のみ)・社会or数学(〜2B)*社会のうちの地理と政治経済については入試方式によって選択可・不可があり

3.順天堂大学国際教養学部(新設)
順天堂大学で初の文系学部です。名称は最近の流行りという印象ですが、ポイントは医療や健康についても学び、その方面への就職などが期待される点でしょうか。今後どのように展開していくのか楽しみです。

その他にも、玉川大学工学部エンジニアリングデザイン学科や日本大学生物資源学部くらしの生物学科などが新設されます。また全国的に看護学部の新設が目立ちます。

入試方式としては上智大学のTEAP利用入試が話題ですが、国際基督教大学(ICU)の入試では、従来の適性試験(「リベラルアーツ学習適性」)に代わり、「総合教養」として講義をその場で聴き、それに関する論述を書かせる方式に変更になります。

以下、5/7掲載内容です。
 
2015年度私大入試変更点
JUGEMテーマ:勉強
JUGEMテーマ:教育
JUGEMテーマ:大学受験
2015年度私大入試に関する主な変更点をまとめておきます。*センター利用の選択科目の内容や科目数の変更を除く

 
<学部学科新設>

青山学院大学地球社会共生学部(設置構想中)
http://www.aoyama.ac.jp/info/news/2014/01604/
玉川大学工学部エンジニアリングデザイン学科
http://www.tamagawa.ac.jp/engineering/ed/
日本大学生物資源科学部くらしの生物学科
http://www.nihon-u.ac.jp/admission_info/news/2014/04/861/


<入試方式新設>

上智大学 アカデミック英語能力判定試験(TEAP)利用型入試
成城大学S方式(全学部統一) *国語は現代文のみ
 
 
その他、慶應大学商学部はA方式(地歴・数学選択)・B方式(地歴・論文選択)ともに定員増の予定です。
=====
追記
学習院大学国際社会学部はH28年度開設予定
入試情報 | 13:42 | - | - | - | - |
2015センター試験実施要項 移行措置について
JUGEMテーマ:大学受験
JUGEMテーマ:勉強
JUGEMテーマ:学問・学校
JUGEMテーマ:教育


「平成27年度大学入学者選抜大学入試センター試験実施要項」及び「平成28年度大学入試センター試験出題教科・科目の出題方法等」
が6月4日付で発表されました。 


実施期間:1/17(土).18(日)
出願期間:9/29(月)〜10/9(木) *曜日の関係で例年より少し早い

注目は新課程の科目および旧課程の移行措置についてですが、ここでポイントをまとめておきます。


1、〕科基礎科目(2科目60分)と⇒科発展科目および旧課程理科とを別時間割でわけて実施


2、数学と理科のそれぞれにおいて、新課程と旧課程の間で20点以上の得点差があった場合は、得点調整の可能性あり。


3、理科の各科目の中で、新課程と旧課程を組み合わせて選択することはできない。ただし、数学と理科を別課程で選択することは可能。


移行措置により、浪人生が、旧課程と新課程のどちらを選択するのか迷ってしまう状況もありますが、センター試験だけではなく、2次試験や一般試験のこと、それから個々の得意不得意などを踏まえて検討するのが賢明です。ちなみに、センター模試などを受ける場合、新課程で受けてみて旧課程と比較検討してみることもできます。ただ、迷い過ぎるのもよくないので、一旦決めたら、その方針に従って学習を進めるべきです。

 
入試情報 | 22:03 | - | - | - | - |
2015年度私大入試変更点
JUGEMテーマ:勉強
JUGEMテーマ:教育
JUGEMテーマ:大学受験


2015年度私大入試に関する主な変更点をまとめておきます。*センター利用の選択科目の内容や科目数の変更を除く

 
<学部学科新設>

青山学院大学地球社会共生学部(設置構想中)
http://www.aoyama.ac.jp/info/news/2014/01604/
玉川大学工学部エンジニアリングデザイン学科
http://www.tamagawa.ac.jp/engineering/ed/
日本大学生物資源科学部くらしの生物学科
http://www.nihon-u.ac.jp/admission_info/news/2014/04/861/


<入試方式新設>

上智大学 アカデミック英語能力判定試験(TEAP)利用型入試
成城大学S方式(全学部統一) *国語は現代文のみ
 

その他、慶應大学商学部はA方式(地歴・数学選択)・B方式(地歴・論文選択)ともに定員増の予定です。



=====
追記

学習院大学国際社会学部はH28年度開設予定


入試情報 | 15:04 | - | - | - | - |
大学入試セミナー新課程についての備忘録
JUGEMテーマ:学問・学校
JUGEMテーマ:教育
JUGEMテーマ:勉強
JUGEMテーマ:大学受験

昨日「大学入試セミナー」を開催しました。

今回は特に新課程における大学入試についての説明に時間を割きました。 数学と理科の選択方法やそれぞれの内容についてはもちろん、入試問題の見込みについてもふれましたので、主なところを備忘録として掲載しておきます。 

<2015年度以降> 
数学 
センター数1 「データ分析」出題の可能性 
センター数A 「場合の数と確率」「整数の性質」「図形の性質」から選択 
センター数B 「数列」「ベクトル」「確率分布と統計的推測」から選択 
2次試験・一般入試の出題範囲について要確認(特に「整数」「複素数平面」) 

理科 
物理(発展)「波動」の出題頻度が上がる可能性、「原子と原子核」出題頻度の可能性 

<2016年度以降> 
英語 語彙量や文法の強化(難化)の可能性、設問の英語化の可能性 
国語 古典の強化(難化)、現古漢融合問題や古典文学史の出題可能性 

まずは各予備校主催の模試、特に数学と理科各科目のセンターの出題傾向に注目です。


尚、今回の内容で近日「同セミナー」を開催する予定です。定員超でお断りさせていただいた方々、申し訳ございませんでした。

入試情報 | 10:38 | - | - | - | - |
2014年度センター試験後所感
JUGEMテーマ:大学受験
JUGEMテーマ:教育
JUGEMテーマ:勉強


2014年度センター試験終わりました。受験生の皆さん、お疲れ様でした。 


全体としては昨年度より全体平均点が上がりそうです。各社予想(1/20月曜現在)を参照して勝手に予想すると、 

文系5教科7科目型で5〜15点前後(得点率で1〜2%程度)UP 
理系5教科7科目型で10〜20点前後(得点率で2%前後)UP 

これくらいになるかなと。安全志向を考慮すると中堅大学のセンターボーダーは3%UPくらいで見ておく必要がありそうです。 


科目別には、英語が例年並み、数学は易化、国語は難しかった昨年度より更にやや難化、地歴は全体的にやや易化、物理・化学が易化、生物・地学は難化、公民は全体的に言うと例年並み、といったところでしょうか。各科目とも傾向自体に大幅な変更はなかったようです。 

国語は特に古文・漢文が難しくなりました。昨年・今年と、国語の出来が“分かれ目”になっているので、来年度以降も要注意です。また全科目に通じると思いますが、単問単答型の設問よりも、分野融合型や知識応用型の設問が重視されている面があるので、早めの時期に基礎を固めて実戦練習に移る方が圧倒的に有利です。たとえば、夏頃までにセンターレベルを押さえておく、そんなつもりで進めるとよいでしょう。 


今年の受験生。良かった人もそうでない人も、早々に気分を切り替え、一般入試や2次試験に向けて過去問演習、あるいはセンター対策中にやれなかったことに取り組んでください。止まっている暇はありません。


入試情報 | 21:19 | - | - | - | - |
2014入試傾向その他(ネット記事より)
JUGEMテーマ:教育
JUGEMテーマ:学問・学校
JUGEMテーマ:大学受験


インターネットの記事よりいくつか紹介します(リンク貼り済み)


以上二つは今年の入試事情&傾向についての記事

以下三つは学部や受験科目、女子大についての記事


入試情報 | 20:39 | - | - | - | - |
全学部統一入試の使い方
JUGEMテーマ:教育
JUGEMテーマ:学問・学校
JUGEMテーマ:大学受験
 

2014年度の全学部統一入試について。

今年は法政大学のT日程入試が複数学部出願可となり、同日(2/5)実施の明治大学の全学部入試(以前から複数学部出願可)に揃えてきたかたちです。これで出願者にとってリスクヘッジ(危険回避)がしやすくなるという観点で法政T日程が出願しやすくなると思います。

また日本大学があらたにN方式として2/1に全学部統一入試を実施します。MARCHを第一志望にしている人にとっての併願先として利便性が出るかもしれません。ただし、医学部や生物資源科学部(獣医など含む)、文理学部、芸術学部、商学部などを除くので要注意。

また、全学部統一入試のメリットの一つは地方会場受験の実施です。たとえば、東京の大学を地方会場で受験できますし、東京にいながらに地方の大学を受けることもできます。首都圏の大学に固執しない人は関関同立あたりを候補に入れるのもありですね。

以上のように、受験生の選択肢を広げてくれる“全学部統一入試”ですが、ただ闇雲に受験したり、複数学部に出願したりすればよいというわけではないので、過去のデータなどをかんがみながら選択・判断をしてもらえればと思います。*最近は「全学部入試=難しい」というイメージが定着してきましたが、学部学科によってや単願か複願かによっても異なりますし、使い方によってメリットはあると思います。

主な私大全学部統一入試について『2014私大全学部統一入試』として表組み(PDF)でまとめたので、リンクを貼っておきます。

また、3年前になりますが、当ブログの記事(↓)についてもご参照ください。

MARCH 統一入試と一般個別入試の比較(2010.10.29)



iDealのHPはこちら
入試情報 | 00:16 | - | - | - | - |

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.