iDeal 大学受験コーチングノート

東大レベル講師陣&東大卒プロコーチによる大学受験個別指導塾アイディールiDeal―塾代表による受験情報&学習ノウハウに関するブログ
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
2019年度大学入試小括(後半)

JUGEMテーマ:大学受験

JUGEMテーマ:教育

JUGEMテーマ:学問・学校

JUGEMテーマ:勉強

 

前半からの続き

 

さて、来年2020年度の入試に目を向けると、まずはセンター試験の最終年度ということになり、「大学入学共通テスト」が始まる2021年度への浪人を避けたい意識が全面に出てくることでしょう。すなわち、過去稀にみるほどの“安全志向”が働きます。それにより、受験校のランク下げはもちろん、一人当たりの出願数増により、おそらくここ10数年で最も厳しい大学入試になる可能性があります。昨年同様、中堅上位から中堅レベルの浪人生は多くなることが予想され、さらに競争を激化させる一因にもなるでしょう。

 

そのような状況が予想される中で、来年度の受験生は、まず学習面では、より確かな学力をつけること、そのために早め早めに勉強を進めること、苦手をそのままにしないこと、などが挙げられます。特に、一つ目の“より確かな学力”というのが鍵になるように思われます。例えば、早稲田の英語の入試問題は学部で傾向や難易度がだいぶ異なります。たとえば、商学部の英語が解けるけど、文学部の英語は苦手、というようなケースは黄色信号。出題傾向が自分に合っていれば解ける、というだけであって“確かな学力”とは言い難いわけです。入試制度改革の過渡期ですから、なおさらこれまでの出題傾向が急に変わることもありえます。逆に言えば、色んなタイプの問題に対応できるような準備をしておくことが必要です。

 

一方、出願パターンなどの戦略面では、併願の仕方が重要になります。たとえば、推薦やAO入試が人気を集めそうです。また併願可能なAOや推薦入試の合格を先にとってから一般入試に臨む戦略もあるでしょう。そしてセンター利用入試。こちらを有効活用しない手はないと思います。センター試験の出願パターンも科目ごとに異なるケーススタディをして、できるだけリスクヘッジになるような併願を心がけるべきです。ちなみに東京周辺の受験生はセンター利用で関関同立など別地域の大学に出願するのもありだと思います。

 

特にこの2年、模試で早慶上智A〜B判定でもMARCH全滅、あるいは早慶志望で日東駒専以下(あるいは未満)という話も多く聞こえてきます。この流れは来年も、少なくとも来年までは続くでしょう。とにかくできるだけ高い目標や学力を目指しながら、戦略的にそしてタフに入試を乗り切れるようにすること。具体的には、志望校を早く決めたり、模試の目標設定を前倒しで高く設定したり、過去問に早く取り組んだり、そういうところから意識するとよいと思います。

 

尚、2年後の2021年度入試は、新テスト導入にあたり国公立大の人気や難易度がやや下がる可能性もあるので、今の高1生は国公立大受験を積極的に検討することをお勧めします。

 

入試情報 | 19:47 | - | - | - | - |
2019年度大学入試小括(前半)

JUGEMテーマ:教育

JUGEMテーマ:学問・学校

JUGEMテーマ:勉強

JUGEMテーマ:大学受験

 

 

3月5日現在、2019年度私大入試の主な結果は一通り出ました。昨年2018年度に続き、私大の入学定員厳格化の流れが続き、いわゆるMARCHや東京理科大など難関2番手ランクの難化(合格者数は昨年度と同程度)、そしてさらに昨年度より難化したのは、成成明国武や日東駒専など偏差値50前半の3番手ランクであり(ちなみに日大は不祥事の影響もあり、その分が駒澤辺りに流れている模様)、さらに昨年2018年度の結果を踏まえた安全志向の流れから、女子大や理系単科大(東京電機大や東京都市大など)の出願者増を加速させました。これらの地すべり的な志願者および合格者の”流動“は昨年度からさらに顕著になっているようです。

 

実際にはMARCHや早慶上理を含めてですが、3科目(あるいは4科目)ともに手応え十分だったのに不合格だった、という声は少なくなく、いわんや1科目でも失敗しようなら合格は厳しい状況のようです。言い換えれば、苦手科目をそのままの状態で受験に臨んでも結果を出すのは難しいということになります。さらに言うと、配点が割と大きい“英語がめちゃくちゃできる“場合でも他教科をカバーしきれない。また、模試の判定でAをとっていたり、過去問演習で合格最低点をほぼほぼ上回っていても、決して安心できない、という状況です。

 

ちなみに今年はセンター試験が全体的にやや易化し、結果的にはセンター利用の計算が立ちやすくありました。昨年度の私大難化の傾向を踏まえて、センター利用を重視した人、センターがうまくいった人については、いわゆる“最低MARCH”はクリアできた人も少なくないと思います。やはり、私大専願の受験生も今後はセンター利用を戦略的に活用することがリスクヘッジとして有効だと思います。ちなみに英検利用を採用する大学はどんどん増えてきていますが、定員が少なく過去のデータも参考にしづらいためボーダーが読みづらく、リスクヘッジとしては今ひとつ心もとないです。ちなみに英検利用の新設によって従来の一般入試定員が減っていると考えれば、これも私大難化の一因と言えるでしょう。

 

さらにセンター利用について付け加えておくと、私大の多教科型へのシフトが徐々に始まっています。つまり国公立大志望者向けに”センター枠”を確保しておきたいと考える大学(特に2番手〜3番手ランク)が増えてきています。

 

後半に続く

入試情報 | 15:57 | - | - | - | - |
国公立大医学部入試科目配点一覧表2018年度

JUGEMテーマ:勉強

JUGEMテーマ:大学受験

JUGEMテーマ:教育

 

毎年作成している

国公立大医学部入試科目配点一覧表2018年度用をPDF形式でUPしました。

ご活用ください。

 

iDeal>入試資料・学習教材データ

直リンクはこちら

入試情報 | 12:34 | - | - | - | - |
公開模試年間スケジュール2017

JUGEMテーマ:勉強

JUGEMテーマ:大学受験

JUGEMテーマ:教育

JUGEMテーマ:学問・学校

 

 

2017年度の公開模試年間スケジュール表(PDF形式)をiDealのHP>入試資料のページ(こちらをクリック)にUPしました。模試のスケジュール立てにご活用ください。*駿台、河合(全統)、代ゼミ、ベネッセ、東進の模試を掲載。

 

 

 

 

模試・テスト | 16:05 | - | - | - | - |
慶應大学小論文過去問出題テーマ一覧

JUGEMテーマ:大学受験

JUGEMテーマ:教育

JUGEMテーマ:学問・学校

JUGEMテーマ:勉強

 

慶應義塾大学の小論文過去問について。法学部・経済学部・文学部・総合政策学部・環境情報学部、それぞれ2002年〜2016年度の出題テーマ一覧を作成しました。ご活用ください。

 

http://www.ideal-prep.com/_src/sc2556/8cc9ce48fac98_8fo91e883e815b837d88ea97972002-2016.pdf

 

 

慶應の各学部を併願する人は、すべて10年分を解き切ることも難しいと思うので、まずは問題と解答・解説を読んで傾向と知識をつかんでおくのも有効な学習方法です。また、他学部で出題されたテーマから自分の受験する学部に関係してそうなものをしっかりと拾っておきましょう。

小論文 | 17:07 | - | - | - | - |

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.