iDeal 大学受験コーチングノート

東大レベル講師陣&東大卒プロコーチによる大学受験個別指導塾アイディールiDeal―塾代表による受験情報&学習ノウハウに関するブログ
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
悪い癖(丸付けの話)
JUGEMテーマ:勉強
JUGEMテーマ:教育
JUGEMテーマ:学問・学校
JUGEMテーマ:大学受験




勉強していく上での悪い癖というものがあります。

○○しない
○○してしまう


枚挙にいとまがありませんが、ひとつ普段からよく気になることを記しておきます。


「答えが合っていると何も考えずに即効丸をつける」


小中学生時期のドリルの答え合わせのように、ただ「合っていればよし」という感じで丸付けをしてしまう。


さすがに間違っていれば「どこをまちがえたのだろう」「なぜまちがえたのだろう」と思うのでしょうが、逆に合ってればそれでよいのかどうか。余裕綽々であれば構いませんが、ひょっとすると偶然合っていたのかもしれません。


勢いよく丸付けをしてそれで終わり、というタイプはリーズニングの習慣が不足している可能性があります。リーズニングとは根拠を確認することです。数学にしても、英語、国語、理科、社会、すべての教科において根拠が存在します。


たとえば中学受験期のスピード訓練などでそのような習慣(根拠を確認しない習慣)がついてしまったのかもしれませんがし、それでは学習の積み上げに限界が生じてしまいます。


「なぜ合っていた(間違えていた)のか」を自問自答すること、そして根拠を意識すること。これがとても重要な“学習習慣”です。


<具体的な克服例>
たとえば、合っているところは丸をつけずに間違えたところだけ印をつける。そうすることで丸に対する余計な満足感が減り、間違いに意識が向きやすくなる。ちなみに受験では出来ない問題を減らすことの方が重要です。


 

丸付けの話に限らず、一度、自分の“悪い癖”を書き出してみて、その改善に取り組んでみてください。かなり効果が期待できるはずです。

 

学習方法 | 16:15 | - | - | - | - |

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.